相続税の控除額

相続税改正

所得税を支払うときには、必ず控除額というのが存在しています。では、相続税を支払うときにはどうなのかというと、当然相続税にも控除額が存在しているのですが、どのように設定されているのでしょうか。重要になるのは基礎控除額なのですが、平成27年の1月から基礎控除額を下げられてしまい、実質増税されてしまったことになります。そのため、現在では基礎控除額が3000万円に設定されているので、今まで相続税を支払う必要のなかった人にも支払い義務が発生する可能性があります。

しかし、3000万円を超える金額分を相続したら相続税の支払いが発生するというわけではありません。基礎控除額の他にも、法定相続人の数によって控除される金額が変わってくるのですが、相続する人数に対して、600万円の控除額が追加されるように定められています。よって遺産相続をする人が1人しかない場合には、3600万円を超えてしまうと相続税の支払い義務が発生してしまい、3人の場合には、4800万円まで無税となるのです。

相続税申告は税理士相談へ

相続税に関しては、国税庁のホームページにも記載されているのですが、難しく書かれているので一般の人が理解するのは難しいでしょう。このようなときには税理士に相談するのが一般的なので、信頼できる税理士に聞いてみることをおすすめします。しかも税理士であれば、最近の税率や税金の計算方法でどれぐらい相続税が必要になるのか算出してくれるので、自分達では特に何も調べなくても、相続税に関することであれば全て行ってくれます。

もちろん自分で調べて計算することも可能ですが、税率を変えられてしまうことも多いので、できれば税理士に頼むべきでしょう。ただし、基礎控除額だけでも知っておくことで、どのようにすれば節税できるのかということや、どのように対策するべきなのかということも多少ではあってもわかるようになります。また、税理士に相談するときにも話しやすくなるので、自分でもある程度は勉強をしておくことをおすすめします。

相続税税理士相談カフェ

マネーの虎

しかし税金対策、税金対策とやっていると多額のお金を動かすことになります。その時1円の重みのようなものがわからなくなる時もあります。やすいトイレットペーパーを探して50円の節約をするにも関わらず、10万円が11万円になってもそんなに痛みは感じないという人もいるそうです。お金は積んで積んで積み出すとはっきりとした金銭感覚をつかむことは難しくなるわけです。

ですからお金の専門家がたくさんいるのです。例えば税理士、また会計士も有名です。彼らはお金のスペシャリストです。一般人が持てない感覚を経験でつみあげ、単に感覚で答えを教えてくれるのではなく合理的な説明をしてくれます。まさにマネーの虎ですね。